humangas's blog

自分用のメモなので雑です。

githubのリポジトリをコマンドで作成する(hubコマンドで)

タイトル通り。hub (https://github.com/github/hub) コマンドを使う。

だいぶ前から存在は知っていたけど、特に必要なかったので使わなかった。リポジトリもそんな頻繁に作成しないので、素直にWebからやっていた。ただ、テストリポジトリとかを頻繁に作る必要があってそれも面倒くさくなったので、使ってみたメモ(結論:便利なのでちょいちょい使うと思う)。

インストール (macOS)

$ brew install hub

リポジトリ作る

$ mkdir test; cd $_
$ git init
$ hub create
github.com username: humangas
github.com password for humangas (never stored):
two-factor authentication code: ******
Updating origin
created repository: humangas/test

これだけで出来てる。

$ hub browse

で、ブラウザで該当のページが表示される。

最初、パスワードではなくてssh鍵を登録できるんだろうと思い、色々さがしたけどなかった。

普通にパスワード入れて、2段階認証してればそれを聞いてくる。つまり、Webログインの方法と同じだった。まぁ、そっか。。

あと、終わった後に、https://github.com/settings/tokens にアクセスすると access tokens が追加されているはず。