humangas's blog

自分用のメモなので雑です。

入門Chef Solo:16-その他Resource

入門Chef Solo - Infrastructure as Code

入門Chef Solo - Infrastructure as Code

ここで取り扱うのはPackage、Service以外のResourceである。
※Windows関連Resourceについての記述は割愛されている。
※ この時点の解説で全体の8〜9割のやりたいことが満たせるはず。

cron

crontabコマンドを取り扱うResource
userを指定した場合、crontab -u [user]という形で実行される

action
:create
:delete

※chefでcronリソースを扱うメリット

冪等性が担保され、オペレーションで発生するcrontab -eで発生したオペミスやcrontab -rでcronを消してしまう事故が防げる。

[OPSCODE]cron

deploy

gitやsubversionなどのSCMからのデプロイが出来るResource

[OPSCODE]deploy
参考:chefのdeployリソースを使ってみる

file

対象ノード上のファイルの追加、削除、touch、権限の設定などが可能なResource

※ contentオプションを使用して任意の文字列を対象ファイルに書き込むことも可能
※ directory Resourceの場合はディレクトリを取り扱える。file Resourceとほぼ同様

action
:create
:create_if_missing
:delete
:touch

OPSCODE: file

http_request

指定したURLにhttpリクエストを飛ばせるResource

action
:get
:put
:post
:delete
:head
:options

OPSCODE: http_request

ifconfig

NICの設定変更、調整に使用できるResource

action
:add
:delete
:enable
:disable

OPSCODE: ifconfig

link

シンボリックリンク、ハードリンクを取り扱えるResource

action
:create
:delete

OPSCODE: link

mount

ファイルシステムの管理を出来るResource
fstabを調整してくれる

action
:mount
:umount
:remount
:enable
:disable

OPSCODE: mount

route

ルーティングテーブルの状態を管理できるResource

action
:add
:delete

OPSCODE: route

ruby_block

任意のrubyコードを読み込むためのResource
※ruby_blockは他のクックブック内のものと同じ名前にするとnot_ifやonly_ifの条件が同じ名前の違う定義のを見てしまうため注意が必要

action
:create

OPSCODE: ruby_block

広告を非表示にする