humangas's blog

自分の振り返りを適当に書いてます。書きっぷりはそん時の気分によって変わります。

Six Thinking Hats

Six Thinking Hatsとは?

6つの側面から思考し、効果的な結論を出す思考方法。略してSTHとも言う。エドワード・デボノ博士が開発した。
考えの側面を6つに分け、そのそれぞれの側面に意識的かつ集中的に思考することにより、物事をあらゆる面から考えていこうとするもの。要は、混ざり合った、整理されてない頭で思考するんじゃなくて、思考観点を整理して一つづつ確実に思考成果物を積み上げて、正確に物事を測ろうぜとする考え方。

その考えの側面は、以下の6つの思考タイプに分類される。

  • 思考のコントロール
  • 情報
  • 感情
  • アイデア
  • 良い点
  • 悪い点

6つの思考タイプ = 6色の帽子

6つの思考タイプにはそれぞれ、6色に塗り分けられたハットが割り当てられている。
名前の通り6の帽子(=脳内の思考モード)を用いて(実際に被ったつもりで、その思考モードに成り切る)思考する。

  • 白:ノートの象徴→ 客観的な情報について思考する(情報、事実、データ)
  • 赤:炎の象徴→ 直感・感情に従って思考する(感情、気持ち、直感)
  • 黄:太陽の象徴→ 利点・ポジティブな面を思考する(良いところ、メリット、価値)
  • 黒:裁判官のローブの象徴→ 課題・リスクを思考する(悪いところ、デメリット、リスク)
  • 緑:木の芽の象徴→ アイディアを生み出し、可能性を高めた思考をする(アイデア、可能性)
  • 青:空の象徴→ 全ての帽子をコントロールする(何を考えるのか決める、考える順番を決める、決断する)

極意

思考する者は、これらの帽子をかぶった気になって思考モードを切り替える。そして、この切り替えて思考するというところにSTHの極意がある。
通常の思考では、これらの思考モードが渾然一体となっている。だから考えがまとまらなかったり、対立が起こったりする。 せっかくのアイディアを自分自身で、いやいや駄目だと否定してしまったり、どんなに良いモノでも感情的に嫌いなモノは避けてしまう。 脳もあまりうまく働かない。
STHは、モードを切り替えて、そのモードのときには、その思考しか行わないようにする。 よって対立や混乱が生じにくい。 また一つのことを考えているときには、脳はリラックスするするため、より能力(脳力?)を発揮しやすい。

ルール

ハットは一時にひとつしかかぶれない。

この特徴を利用し、あるハットをかぶったらそのハットで考えるべきことだけを集中して考えるようにする。
思考タイプを替えたかったら、かぶるハットを替えれば良い。そんなシンプルなコンセプトで効果的に考えていこうとする思考ツールである。

ハットは毎回6つすべてをかぶる必要はない。

ひとつだけでも良いし、3つだけでも構わない。
いずれにしても、これら6つのハットを活用して物事を多面的にとらえることにより、効果的に考えを進めることができ、結果、納得感の高い結論が導き出される。

参考にさせて頂いたサイト