humangas's blog

自分の振り返りを適当に書いてます。書きっぷりはそん時の気分によって変わります。

ファシリテーション(facilitation)

適当にネットで読んだ&自分の理解。

参考にさせて頂いた情報

ファシリテーションとは?

人々の活動が容易に出来るように支援し、うまく事が運ぶように舵取りすること。
自分を含めた2名以上の集団による問題解決、アイデア創造、教育、学習など、あらゆる知的創造活動を支援し促進していく働きを意味する。
その役割を担うのが、ファシリテーター(facilitator)であり、会議で言えば進行役に該当する。

「人と人とのインタラクション(相互作用)を活発にし、創造的なアウトプットを引き出すもの」と定義する。

  • チームが課題を共有し、効果的に考えを交流させ、創造的な答えを導き出す。
  • 動機が内在化し、自発的で活力に溢れた行動が生まれる。
  • 1 + 1 = 2以上 になるようなポジティブな化学反応が現れる。
  • これが、優れたファシリテーションの効果である。

中身について、FAJ 特定非営利活動法人 日本ファシリテーション協会:ファシリテーションとは? が参考になる。

そっから、自分用のINDEXだけ抜粋しておく。

ファシリテーターが行うこと&必要なスキル

  • プロセス:ファシリテーターはプロセスに関わる
  • 枠を外す:相互作用を使って枠組みを打ち破る
  • 変革:ファシリテーションが、人・組織・社会を変える
  • ファシリテーションの四つのスキル
    1. 場のデザインのスキル:場をつくり、つなげる
    2. 対人関係のスキル:受け止め、引き出す
    3. 構造化のスキル:かみ合わせ、整理する
    4. 合意形成のスキル:まとめて、分かち合う