humangas's blog

自分の振り返りを適当に書いてます。書きっぷりはそん時の気分によって変わります。

Derek Sivers: How to start a movement/デレク・シヴァーズ:ムーブメントの起こし方

大好きなTEDプレゼンで、もう何十回も見た、デレク・シヴァーズの「ムーブメントの起こし方」の翻訳でちょっと苦手な英語に触れてみる。

コレを見ると元気が出る。3分10秒と短いのもいい。 最後のプリケツがイイw(プレゼンを楽しんどる)。


まとめ

  • 全員がリーダーを目指さなければならないことはない
  • ある先駆者の最初のフォロワーとなることでムーブメントが生じる
  • 新たなフォロワーは、リーダーではなくフォロワーを真似るものだから
  • 是非、勇気を持って先駆者の最初のフォロワーとなって欲しい
  • また、リーダーはそのようなフォロワーを対等に扱って欲しい
  • 肝心なのは、自分ではなく「ムーブメント」だということ!!

基本情報

  • Derek Sivers: How to start a movement
  • デレク・シヴァーズ:ムーブメントの起こし方
  • 3分10秒

英語→日本語

So, ladies and gentleman, at TED we talk a lot about leadership and how to make a movement.

TEDで私たちは、リーダシップや社会をいかに動かすかという話をよくします。

So let’s watch a movement happen, start to finish, in under three minutes and dissect some lessons from it.

これから、たった3分間の間にムーブメントが起きる様をご覧頂き、そこから教訓を引き出そうと思います。

  • dissect: 解剖する。分析する。→引き出す

First, of course you know, a leader needs the guts to stand out and be ridiculed.

最初にリーダーが勇気を持って立ち上がり、嘲笑される必要があります。

  • ridiculed: 嘲笑

But what he’s doing is so easy to follow.

でも、彼の行動に続くのはすごく簡単です。

So here’s his first follower with a crucial role; he’s going to show everyone else how to follow.

ここで最初のフォロワーが重要な役割を担っています。みんなにどう従えばいいか示すのです。

  • crucial: 重要

Now, notice that the leader embraces him as an equal.

リーダが彼を対等に扱うのを見てください。

  • embraces: 抱擁する(扱う)
  • equal: 対等

So, now it’s not about the leader anymore; it’s about them, plural.

今やリーダー1人ではありません。複数になったのです。

  • anymore: もはや・・・でない。
  • plural: 複数の

Now, there he is calling to his friends.

友達に声をかけていますね。

Now, if you notice that the first follower is actually an underestimated form of leadership in itself.

最初のフォロワーというのは、過小評価されていますが、実はリーダシップの一形態なのです。

  • actually: 実は
  • underestimated: 過小評価する

It takes guts to stand out like that.

こんな風に目立つだけでも勇気がいります。

  • guts: 勇気
  • stand out: 目立つ

The first follower is what transforms a lone nut into a leader.

最初のフォロワーの存在が、1人のバカをリーダーへと変えるのです。

  • transforms: 変える
  • nut: バカ(スラング)

And here comes a second follower.

2人目のフォロワーが現れました。

Now it’s not a lone nut, it’s not two nuts three is a crowd, and a crowd is news.

今や1人のバカでも2人のバカでもありません。3人というのは集団であり、集団というのは、ニュースになります。

  • crowd: 集団

So a movement must be public.

このようにムーブメントは、公のものとなります。

It’s important to show not just to show the leader, but the followers, because you find that new followers emulate the followers, not the leader.

リーダーだけでなく、フォロワーの姿が重要なのです。新たなフォロワー達は、リーダーではなく、フォロワーを真似るものだからです。

  • emulate: 真似る、見習う

Now, here come two more people, and immediately after, three more people.

さらに2人が加わり、すぐ後に3人が加わりました。

  • immediately: すぐに

Now we’ve got momentum. This is the tipping point.

今や勢いがつき、これが転換点となりました。

  • momentum: 勢い
  • tipping: 転換点

Now we’ve got a movement.

今、ムーブメントが起きました。

So, notice that, as more people join in, it’s less risky.

多くの人が加わるほどリスクは小さくなることに気が付きます。

So those that were sitting on the fence before, now have no reason not to.

どうしようか決めかねていた人達も、今や加わらない理由は無くなりました。

  • sitting on the fence: はっきりしない態度でいる

They won’t stand out, they won’t be ridiculed, but they will be part of the in-crowd if they hurry.

もう目立つことはありません。笑われることもありません。急げばコア集団に入れるかもしれません。

  • ridiculed: 嘲笑
  • crowd: 集団

So, over the next minute, you’ll see all of those that prefer to stick with the crowd because eventually they would be ridiculed for not joining in.

この後しばらくは、みんな集団に入ろうとします。加わらない方が、かえってバカにされるからです。

  • prefer: 好む
  • stick: 枝
  • prefer to stick with the crowd: 集団の一員として好んで
  • crowd: 集団
  • ridiculed: 嘲笑
  • eventually: いつかは

And that’s how you make a movement.

これが、ムーブメントの起こし方です。

But let’s recap some lessons from this.

教訓をおさらいしましょう。

  • recap: 再生(おさらい)

So first, if you are the type, like the shirtless dancing guy that is standing alone, remember the importance of nurturing your first few followers as equals so it’s clearly about the movement, not you.

まず、彼のように1人裸で踊るタイプの人は、最初の何人かのフォロワーを対等に扱う大切さを覚えておいて下さい。肝心なのは、自分ではなくムーブメントだということです。

  • nurturing: 育てる(扱う)
  • few: 少数の
  • equals: 対等に
  • clearly: 明らかに(肝心なのは)

Okay, but we might have missed the real lesson here.

でも、もっと大きな教訓があります。

  • might: かもしれない。
  • missed: 抜かす

The biggest lesson, if you noticed did you catch it? – is that leadership is over glorified.

お気づきになったでしょうか? 最大の教訓は、リーダーシップが、過大評価されているということです。

  • glorified: 見せかけの(過大)

That, yes, it was the shirtless guy who was first, and he’ll get all the credit, but it was really the first follower that transformed the lone nut into a leader.

確かにあの裸の男が最初でした。彼には功績があります。でも、一人のバカをリーダーに変えたのは、最初のフォロワーだったのです。

  • credit: 信用(功績)
  • transformed: 変える
  • nut: バカ(スラング)

So, as we’re told that we should all be leasers, that would be really ineffective.

全員がリーダーになるべきだとよく言いますが、それは効果的ではありません。

  • ineffective: 無効な(効果的ではない)

If you really care about starting a movement, have the courage to follow and show others how to follow.

本当にムーブメントを起こそうと思うなら、ついて行く勇気を持ち、他の人達にもその方法を示すことです。

  • courage: 勇気

And when you find a lone nut doing something great, have the guts to be the first one to stand up and join in.

スゴイことをしている孤独なバカを見つけたら、立ち上がって参加する最初の人間となる勇気を持って下さい。

And what a perfect place to do that, at TED.

ここTEDは、そのための最高の場所です。

Thanks.

どうも、ありがとうございました。


単語

  • dissect: 解剖する。分析する。→引き出す
  • ridiculed: 嘲笑
  • crucial: 重要
  • embraces: 抱擁する(扱う)
  • equal: 対等
  • anymore: もはや・・・でない。
  • plural: 複数の
  • actually: 実は
  • underestimated: 過小評価する
  • guts: 勇気
  • stand out: 目立つ
  • transforms: 変える
  • nut: バカ(スラング)
  • crowd: 集団
  • emulate: 真似る、見習う
  • immediately: すぐに
  • momentum: 勢い
  • tipping: 転換点
  • sitting on the fence: はっきりしない態度でいる
  • prefer: 好む
  • stick: 枝
  • prefer to stick with the crowd: 集団の一員として好んで
  • eventually: いつかは
  • recap: 再生(おさらい)
  • nurturing: 育てる(扱う)
  • few: 少数の
  • equals: 対等に
  • clearly: 明らかに(肝心なのは)
  • might: かもしれない。
  • missed: 抜かす
  • glorified: 見せかけの(過大)
  • credit: 信用(功績)
  • transformed: 変える
  • nut: バカ(スラング)
  • ineffective: 無効な(効果的ではない)
  • courage: 勇気

英語

So, ladies and gentleman, at TED we talk a lot about leadership and how to make a movement.
So let’s watch a movement happen, start to finish, in under three minutes and dissect some lessons from it.

First, of course you know, a leader needs the guts to stand out and be ridiculed.
But what he’s doing is so easy to follow.
So here’s his first follower with a crucial role; he’s going to show everyone else how to follow. 

Now, notice that the leader embraces him as an equal. 
So, now it’s not about the leader anymore; it’s about them, plural. 
Now, there he is calling to his friends. 
Now, if you notice that the first follower is actually an underestimated form of leadership in itself. 
It takes guts to stand out like that. 
The first follower is what transforms a lone nut into a leader. 

And here comes a second follower. 
Now it’s not a lone nut, it’s not two nuts three is a crowd, and a crowd is news. 
So a movement must be public. 
It’s important to show not just to show the leader, but the followers, because you find that new followers emulate the followers, not the leader. 

Now, here come two more people, and immediately after, three more people. 
Now we’ve got momentum. This is the tipping point. 
Now we’ve got a movement. 

So, notice that, as more people join in, it’s less risky. 
So those that were sitting on the fence before, now have no reason not to. 
They won’t stand out, they won’t be ridiculed, but they will be part of the in-crowd if they hurry. 
So, over the next minute, you’ll see all of those that prefer to stick with the crowd because eventually they would be ridiculed for not joining in. 
And that’s how you make a movement. 

But let’s recap some lessons from this. 
So first, if you are the type, like the shirtless dancing guy that is standing alone, remember the importance of nurturing your first few followers as equals so it’s clearly about the movement, not you. 
Okay, but we might have missed the real lesson here. 

The biggest lesson, if you noticed did you catch it? – is that leadership is over glorified. 
That, yes, it was the shirtless guy who was first, and he’ll get all the credit, but it was really the first follower that transformed the lone nut into a leader. 

So, as we’re told that we should all be leasers, that would be really ineffective. 
If you really care about starting a movement, have the courage to follow and show others how to follow. 
And when you find a lone nut doing something great, have the guts to be the first one to stand up and join in. 
And what a perfect place to do that, at TED. 

Thanks. 

日本語

TEDで私たちは、リーダシップや社会をいかに動かすかという話をよくします。
これから、たった3分間の間にムーブメントが起きる様をご覧頂き、そこから教訓を引き出そうと思います。

最初にリーダーが勇気を持って立ち上がり、嘲笑される必要があります。
でも、彼の行動に続くのはすごく簡単です。
ここで最初のフォロワーが重要な役割を担っています。みんなにどう従えばいいか示すのです。 

リーダが彼を対等に扱うのを見てください。 
今やリーダー1人ではありません。複数になったのです。 
友達に声をかけていますね。
最初のフォロワーというのは、過小評価されていますが、実はリーダシップの一形態なのです。 
こんな風に目立つだけでも勇気がいります。 
最初のフォロワーの存在が、1人のバカをリーダーへと変えるのです。 

2人目のフォロワーが現れました。
今や1人のバカでも2人のバカでもありません。3人というのは集団であり、集団というのは、ニュースになります。 
このようにムーブメントは、公のものとなります。
リーダーだけでなく、フォロワーの姿が重要なのです。新たなフォロワー達は、リーダーではなく、フォロワーを真似るものだからです。

さらに2人が加わり、すぐ後に3人が加わりました。 
今や勢いがつき、これが転換点となりました。 
今、ムーブメントが起きました。

多くの人が加わるほどリスクは小さくなることに気が付きます。
どうしようか決めかねていた人達も、今や加わらない理由は無くなりました。
もう目立つことはありません。笑われることもありません。急げばコア集団に入れるかもしれません。 
この後しばらくは、みんな集団に入ろうとします。加わらない方が、かえってバカにされるからです。 
これが、ムーブメントの起こし方です。

教訓をおさらいしましょう。 
まず、彼のように1人裸で踊るタイプの人は、最初の何人かのフォロワーを対等に扱う大切さを覚えておいて下さい。肝心なのは、自分ではなくムーブメントだということです。 

でも、もっと大きな教訓があります。 
お気づきになったでしょうか? 最大の教訓は、リーダーシップが、過大評価されているということです。 
確かにあの裸の男が最初でした。彼には功績があります。でも、一人のバカをリーダーに変えたのは、最初のフォロワーだったのです。 

全員がリーダーになるべきだとよく言いますが、それは効果的ではありません。 
本当にムーブメントを起こそうと思うなら、ついて行く勇気を持ち、他の人達にもその方法を示すことです。 
スゴイことをしている孤独なバカを見つけたら、立ち上がって参加する最初の人間となる勇気を持って下さい。
ここTEDは、そのための最高の場所です。

どうも、ありがとうございました。