humangas's blog

自分の振り返りを適当に書いてます。書きっぷりはそん時の気分によって変わります。

GoogleSiteに、SlideShareをブチ込む!!

会社がGoogleApps使ってるんで、GoogleSiteを社内情報共有サイトとしてよく使うんですが、SlideShareのスライドをブチ込みたい場合がままあります。  

やり方:簡単!

  1. ブチ込みたいSlideShareをURLを入手
    <> Embed を選択し、Copy ボタン押下
    f:id:Humangas:20140209235755p:plain
  2. Google Site のSlideShareブチ込みたいページ上で編集モードにする
    ※ Google Siteの編集モードショートカットキー:e
  3. 編集バー右上の "<HTML>" を押下する
    f:id:Humangas:20140209235822p:plain
  4. 先にコピーしておいたSlideShareのURLをそのまま貼り付けて、更新ボタン押下
  5. この時、http:// で始まるようであれば、https:// の(s) 付きURLに変更しておく
    でないと、ブラウザがシレっと止めてくる(安全でないスクリプトですよと言って。で、真っ白な画面が表示されます。)
    f:id:Humangas:20140209235909j:plain
  6. Google Site右上の保存ボタン押下(ショートカットキー:Command + s)
  7. ハイ、綺麗に見えましたね!
    f:id:Humangas:20140209235945j:plain

ちなみに、開始スライドのページ数を指定したい場合は、URLに開始ページ数をパラメータとして指定します。

  • iframe src="[URL]?startSlide=[開始ページ数]"
  • e.g.)
<iframe src="https://www.slideshare.net/slideshow/embed_code/28469902**?startSlide=41**" width="427" height="356" frameborder="0" marginwidth="0" ・・・

このページ指定URLは、SlideShareサイトでいきなり作成することも出来ます。
以下の赤枠のページNoを指定すればOKです。

f:id:Humangas:20140210000306j:plain  

今回、挿入したスライドは今自分がお世話になっているAWSマイスターシリーズのスライドでした。(WordPressにSlideShareをブチ込む方法は、slideshareをWordPressで表示するを参照下さい)

参考情報